盗聴・盗撮の現実と対処法

少しでもおかしいと感じたらガル栃木東にご相談下さい

この様な人が盗聴されています
個人の方
部屋でくつろぐ女性
  • 一方的な別れの後に元彼(元夫)からストーカーに遭っている人
  • インターネット掲示板やSNS上でトラブルに遭っている人
  • 離婚調停中で別居状態の人
  • 金銭トラブルに遭っている人
  • 遺産相続に関わるトラブルに遭っている人
  • ご近所間・職場間での人間関係のトラブルに遭っている人
  • 過去に空き巣に入られて鍵を交換していない人
  • 以前彼に合鍵を渡していて鍵を交換していない人
  • 鍵を落として合鍵があるからと交換していない人
  • 賃貸アパートで大家さんとのトラブルを抱えている人
  • 外に干してあった洗濯物を盗まれた事がある人
  • 固定電話でひどい雑音が入る人
  • なんとなく聞かれている、監視されている気がする人
  • リフォーム・新築・電気工事の際の業者に不信感を感じた事がある人
  • 家に帰ってきたら鍵が開いていた事がある人
  • 偶然と思えないタイミングで空き巣に入られた人
法人の方
盗聴器発見調査イメージ
  • 社内の機密事項を社外の人間が知っていて社内の情報が漏れている様な気がする
  • 最新新製品・新企画をライバル会社に先を越されてしまう事が多い
  • 最近様子がおかしい社員がいる
  • 問題のある社員が辞めたら情報がライバル会社に漏れているような気がする
  • 女子社員が多く、女子社員の間で盗撮・盗聴のうわさが広まっている
盗聴器・盗撮器発見調査の内容

 

知っていてください!盗聴・盗撮の現実
盗聴
他人事ではありません、年間販売台数40万個以上

盗聴器は以前であれば東京なら秋葉原などの一部の専門店でしか購入することが出来ませんでした。
しかも店舗ですから顔を合わせて購入するしかありませんでした。
しかしインターネットの普及によって誰でも簡単に、どこに住んでいても、しかも顔を合わせること無く盗聴器を購入する事が出来る時代になりました。
その数は40万個以上と言われています。

 

盗聴器は違法ではないのか?

「盗聴器は違法ではないのか?」このような相談をよく受けます。
日本の法律では、盗聴・盗撮器を仕掛ける際に許可なく他人の住居等に侵入する事は、「住居侵入罪」により罰せられますが、盗聴行為(受信行為)は人に外部に情報を漏らしたりして損害を与えなければ法律上取り締まる事が出来ないのが現実です。

つまり、盗聴器・盗撮器の販売や購入も違法ではありませんし、販売や購入することを制限するための法律も存在しません。

盗撮

 

盗聴器
盗聴器・盗撮器の種類は

盗聴器・盗撮器の主流は無線式です。
微弱な電波を飛ばし、その電波を受信器で受信して盗聴するタイプです。
最も多く出回っており電池式と電源寄生の半永久式があります。
盗撮の場合、直径1mm程度のレンズが装着されたピンホールカメラと呼ばれるものを様々なものに組み込み、映像と音声の両方を盗み取ります。
近年の超小型カメラの更なる小型化・映像技術の進化は驚かされるものがあります。

形状はコンセントタップ型・電卓型・電化製品組み込み型・コンセント埋め込み型・USBコネクター型・電話コード型・屋外電話線設置型があります。

盗聴・盗撮犯罪は年々増加の一途を辿っています。
あなたのプライバシーを守る為にも、少しでもおかしいと感じたら栃木県の探偵に早急にご相談下さい。

ガルエージェンシー本社の盗聴器発見概要

お悩みは経験と実績のガル栃木東にお電話ください0120-774-559

お問い合わせフォーム